20170131112103 20170131112102 20170131112104

詐欺、騙されそうに〜バンコクにて

アジア、とりわけタイは
仕事では何回も
一人旅も二回目とあり
かなり、騙されないのですが
うっかり、引っかりそうに
なりました

それが…
中華街(ヤワラー)のモバイルケース
専門店にて

スーツをビシッと着こなした
ヨーロッパ人男性から
「ニーハオ、マダム。
私はマレーシアから来たのですが
どちらからですか?」→英語

※以下、英語

そもそも
マダムじゃないわ!
「日本からですが」
言っちゃったんですよ

男:「おぉ、そうですか!私、明日、
大阪に行くんですよ」
たんぽぽ:「へぇ、どちらに宿泊ですか?」
男:「東急ホテルです」
たんぽぽ:「へぇ、仕事場へはどのように?」
男:「梅田線です。阪急線はご存じですか?」

信じちゃったのよ!

たんぽぽ:「はい。」
男:「ところで、今、1ドル円でいくらですか」
たんぽぽ:「100円前後だと思いますよ」
男:「あぁ、、日本のお札は何色ですか?」

ここで、怪しいと思ったのね

たんぽぽ:「茶色と紫と青」

財布の中身を見せる男性
男:「私、目が見えないので、あなたの財布を見せてください」

No!!と言って
店を後にしました
即効で「殺される!(タイ語)」
男を指差しバイクタクシーの
お兄さんに、撒くように話しました

事情を知ったお兄ちゃんは
ビュンビュン渋滞の中を飛ばし
最寄りの大きな警察に連れて行ってくれ
中まで付き添ってくださいました
お礼にチップを弾みましたが

危ない所でした
もちろん、ガイドブックにも掲載は
ありません

しかし
梅田線、阪急線を知らないんですか?
逆質問されたら
信じますよね

でも、
バイルケース屋で
目が見えないって
どうやって買い物するのか
詰めが甘い、、助かりましたが

うまい話とイケメンには
気を付けなきゃいけませんね

広告を非表示にする
このサイトの記事、画像、映像、全の著作権関連は、きせんひろみ事務所に続します。二次的改変、無断転載を固く禁じます。場合により、法的措置を講ずる場合があります。予めご了承願います