20170131112103 20170131112102 20170131112104

【再掲】きせんひろみ「容態並びに治療期間」について

下記内容は6/30時点での
公式発表ですが、再掲致します

前略
先週より治療中でしたが
改めての入院の要否など
確認すべく診断をいたしました

入院は致しません。
また、喘息もコントロールできてます
自宅療養と適宜、鼻の奥を消毒して
治療していく方針となりました

状態ですが
鼻の奥から喉にかけて腫れ上がりました。
更に膿を伴っています

鼻水として排出できない膿が
副鼻腔(鼻の奥)に溜まり
喉を通り気管支に付着
これが刺激となり喘息を誘発したようです。
病名は「急性副鼻腔炎と上気道炎」
平たく申せば「重度の鼻風邪」です

膿だけではなく
喉、鼻の付け根の腫れた部分から
出血もしています

検査の結果、
肺炎や気管支炎ではなかったのが
幸いでしたが

しかし、ここは中耳に近く
耳の聞こえが悪くなり
喉の入口が腫れているため、
声が全く出せません

正確には、出せるのですが
話すと、咳でむせ混み喋れない状態です
また、治療期間ですが、
回復までは10日程度かかるそうです

そこで、恐縮ながら治療に専念するため
私一人でのお仕事は
全てお休みさせて頂きました

なお、7/6(日)の芦花公園野外フェスタは
舎弟のさとちゃんが
お相手を勤めさせて頂きます
どうか、温かく見守って下さいませ
本人も腹をくくり
久々の「ジャンベ漫談」を
いつものステージに取り入れようと
自発的に「稽古に取り組んで」おります

具体的な復帰日時は
再度、医師の診察を仰ぎお伝え致します
ご迷惑をお掛け致しますが
喋らず、静かに
しっかりと治療に専念致します
よろしくお願い申し上げます

きせんひろみ事務所
代表 きせんひろみ

広告を非表示にする
このサイトの記事、画像、映像、全の著作権関連は、きせんひろみ事務所に続します。二次的改変、無断転載を固く禁じます。場合により、法的措置を講ずる場合があります。予めご了承願います