20170131112103 20170131112102 20170131112104

●再掲●ビジネス利用の「SNSに投稿した内容」経営者の感覚に目を疑う

貸切りであろう、
結婚披露宴のお知らせを
披露宴→2次会まで開催、
ご新婦様の写真入りで…
掲載していたんですって

確かに
貸切りか否かわからぬ文章
どーいう事なんだよ(怒)
投稿画面を見せられても
「まぁ、おめでたい事ですから」で
大人の対応しかできなかった

本来はそりゃダメでしょ!
公私混同も甚だしい。
披露宴、もし人前式があるなら
親族同席でしょ?会費も書いてない…

関係のないお客様からしたら
「行って良いのかNGか」判断に困るよね。

SNSのページを「見せて下さった」
主観的な内容で書かれた文章に
「まあ、嬉しかったんでしょう」
としか言ませんでしたわ



ちょっと、昨年、様々あった方々の事。
それを見せられ
経営者としての倫理観、コンプライアンス
皆無だわ…と強く感じた

私人としては、「おめでとう」
代表としては、きせんさとしを含め、
きせんひろみ事務所とは
友好な関係は持てない。

経営者の会社、関与している団体、
すべてと絶縁したい。
関係を持つ事で。イメージを損ねる可能性が
高いかな?
教えてくださった事、貴重な体験、
たくさんあり、苦渋の選択
ビジネスとしては、関与できないですね


せっかくのおめでたいことに
心苦しく、水を差すような気持ちになり
申し訳なく思う。

同時に猛烈な怒りが湧いてきました
オフィシャルな場での言葉の使い方
公人として、私人として
使い分けるのは当たり前でしょうが!と
聞かなかった事にしたかったなぁ。

広告を非表示にする
このサイトの記事、画像、映像、全の著作権関連は、きせんひろみ事務所に続します。二次的改変、無断転載を固く禁じます。場合により、法的措置を講ずる場合があります。予めご了承願います