20170131112103 20170131112102 20170131112104

【喘息発作で死んでたまるか!生きる!】


救急車は来ないだろう。
寒い野外で生き延びるには?
それしかなかった。

横浜へは7時間後、
青森へは4時間後に災害伝言ダイヤル。
酷かった。情報が欲しかった。 
モタモタ指揮を待ってても
どうにもならん。

路上生活者で、
いつもコインランドリーで
会っていたお兄さんに話、協力して貰った。

広域避難所の体育館で、
職員さんと一緒に。テレビを設置、

周辺の皆さんに呼びかけ、
携帯の充電所を確保。

更に、女性や子供が安心して休める場所を、
警備員さん相談して設置。

カンパンと水の配給、人員のローテーションを決め、
路上のアニキ達には、
万引きとレイプ、不審者の取り締まりを願った。

「ネイチャン。任せろ!おれたちゃ慣れてる」
原子力の破壊シーン、
義父は被爆かとめまいで倒れた。 

オッチャン達が
「海の男さ。沖か、高台さ、
だい丈夫だ!ここさ、あんた、しかっりせにゃ!」

私の命は、皆の命、働こう、
流れる現実が事実だと。
兄貴達が背中を押した。みんかんじんだが
一夜、避難所の平和を守った。
高田馬場にて

自主避難後の広域避難場所の様子
私は、単なるみんかんじんだが



じょうきょうでした
りあるなじょうきょうでした

広告を非表示にする
このサイトの記事、画像、映像、全の著作権関連は、きせんひろみ事務所に続します。二次的改変、無断転載を固く禁じます。場合により、法的措置を講ずる場合があります。予めご了承願います