20170131112103 20170131112102 20170131112104

小金井市イベントスペーでの事件〜地域力で事前防止可能&フリーアーティストの活動のあり方について

関係各位

ファンの皆様

 

弊社代表から今回の小金井市、イベントスペースSOLIDでの事件、並び、フリーアーティストとしての活動のあり方を、公人→私人の順で申し上げます


【会社代表として】


この度の事件に際し、被害に見舞われた若い女性の方、ご家族皆様のお気持ちを思うと、大変、心が痛みます。お見舞い申し上げます、など、一言では言い尽くせぬ思いで一杯です。


多くの輸血、脳へのダメージにより、急激な回復とは言い難いでしょう。ゆっくりな歩みでも、着実に病院の外へ出られます様に、怯えや不安のない生活が送れます様に、願っています


そして、今回の事件について、会社代表として、主催者に大きな責任があり、事前に情報を共有し、自衛する事で、防げた可能性もあるだけに、提言させて頂きたい事があります

 


それは、被害に見舞われた方が「初めての出演」ではなく、何度か、イベントスペースSolid(以下、Solidと省略)に出演し、現在、事務所所属なのか、フリーで活動か知り得ていた可能性が高いからです

 


今回の告知用チラシを見ると「主催→FM府中」とラジオ局となっており、Solidは会場を、FM府中に提供しただけのようです。そこで、今回の事件は主催者の事前リサーチ不足が招いた要因も否定できません

  


主催者は、出演者が事務所所属か、フリーかなど、出演契約の後の雑談から、様々に情報をリサーチする必要があります。また、出演者のSNSやブログ、主催者自身の人脈から出演者が安全に快適にステージに集中できるよう対策を練る必要があります


事務所所属者であれば、送迎、プレゼントの受け渡し、物販の有無、机を配置し、ファンとの距離を置く、鍵のかかる場所に、避難できる様に場所を確保するなど、主催者と事務所、2者で対策が出来ます。


しかし、フリー活動者の場合、全て出演者が事務所の仕事まで対処します。そこで、主催者と2者で対策をする必要があり、自衛が必須。


この中には、つきまといやストーカー行為があるものとして、リスクを背負い、自分が社長であり、商品である2つの人格が自分の中にある事を理解しなければなりません

 

私が起業した理由です


 

個人事業主で青色申告した方が、正直、楽です。しかし、女性1人でステージ出演や交渉する場合、一般企業人の倫理が通用せずセクハラ、暴行まがい、反社会的集団からの勧誘など多々ありました。

 

コツコツ、アルバイトしてお金を貯め、芸能事務所として法人登記上記のような行為を抑制、会社代表のかおを持つ事で、自分の商品価値を高めました。

 


そこで、フリーで活動し、リスクを回避するためには、自分が活動したい分野に明るい弁護士に相談、素人判断をしないという意識を持つことがだいじです。



様々な文書や届。素人が作成した届けと、法的知識がある資格者が制作する文書は、全く異なります。判例を多く扱っている分、全く異なります。また、弁護士の指名も利用させて頂ければ、受理されやすい利点もあります

 

東京都の場合には、つきまとい防止条例により、ストーカー行為が厳しく取り締まるように定められています。より、法的知識のある方に作成、添削していただいた届けが有効です


そして、主催者も会場と連携をとり、出演者の安全を守る必要性もあります。

 


アーティストの場合、ライブ開催し、認知度を高め、チャンスとスキルを磨く事は必須。若い女性が、プロとして、事業を営み、歩んでいく事を応援する社会を形成する必要があります。

 



【私人として】

警察の対応ミス、この一言に尽きる。これだけでは済みません。



小金井市民として、あってはならない事だと、憤りを隠せません。まして、私が裁判所に訴えたとはいえ、勤務していた場所で、どれだけ、近隣店舗の方々の営業を妨害し、売上が減収したか。



他店の出来事なのに、なぜ、自粛ムードにせねばならないか。冗談じゃない!!が本音だと思います

 


また、これが、中高生を狙ったストーカー行為であったらと、背筋の凍る思いです。小金井市が二度と、この様な不名誉な出来事で、マスメディアを騒がすことをさせてはなりません!

 


この為には、小金井の地域力が問われます。不審者がいた場合は、すぐに交番に連絡する、そして、不審者の情報を共有し、近隣他店で、犯罪を許さない街づくりか必須です。

 


店舗にかけこみ、助けを求められたら、身の安全を確保し、店と連携して、警察、消防に駆けつけるシステムにする、若い女性が、夜、一人で歩いても安全な街を形成していく必要があります

 



小金井は、近隣の大学に地方から上京し、アルバイトしながら生活をしている、若者もいます。店舗、商店街、商店会、警察、学校、皆が目を凝らし、安全で安心して暮らせるまちづくり、地域力を高めなければ、なりません。

 



1店舗の事件ではなく、小金井の街が、被害者を生み出してしまった、強く認識し、小金井が文化の発信拠点である街づくりの形成が望まれます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする
このサイトの記事、画像、映像、全の著作権関連は、きせんひろみ事務所に続します。二次的改変、無断転載を固く禁じます。場合により、法的措置を講ずる場合があります。予めご了承願います