20170131112103 20170131112102 20170131112104

訳あって緊急で病院へ

幸い病院内で、私がパニック発作、怒りが静まらず、ギャーと泣き叫び、わらったり、訳わからなくなり、気がついたら。きせんさーん、5分後、眠りますからね。点滴にて、強制睡眠


医師が診察しようとした意図が分かり、継続して治療不要。その診療の意味は、、病理学とカウンセリング論、臨床心理士のカリキュラムをプラス受講していた為、理由を話して拒否

臨床心理士による、ヨガ→ドラマ療法(演劇的認知療法)→アロマ、カラーセラピーを受けました。本当は、絵画セラピーのはずが

申し訳ないけど
診察できる絵じゃない

絵心がなくドラマ療法に変更


精神科に緊急入院。

小金井の事件以来
ずっと抑制してた気持ちが
ついに、耐えきれなくなり
爆発したよーです

原因と診察結果が一致。頓服で強めの睡眠薬を処方され、帰宅。

覚悟するのはお前だ
以下、書けません

相当な錯乱ぶり
ビビってました
うちの身内

そこで、カラーセラピーで、オレンジや黄色、心を穏やかにするカラーより、前向きな明るさを連想させる色、アロマも、寒色を連想させる、ハッカやミントなどより、グレープフルーツやオレンジ、そこにローズマリーが効果的だそうです。

女子力アップ講座的な
講座をマンツーマン
最近の精神科は変化

そうか、EUに近いな
それが、健康保険か
ありがたい

途中まで車で送ってもらい、そこからシータクで帰宅。薬が合わず、腹を下しましたが、睡眠の質が悪く、諸事重なった結果です。


本当は、母が熱射病で入院したため 、付き添いました。私が治療中には、点滴して元気に。ケロりと退院となりましま。

ただいま、東京に戻り。このまま、静養します。

{961DC7F2-A656-403F-81CF-2CA20D4ED7BE}



広告を非表示にする
このサイトの記事、画像、映像、全の著作権関連は、きせんひろみ事務所に続します。二次的改変、無断転載を固く禁じます。場合により、法的措置を講ずる場合があります。予めご了承願います