20170131112103 20170131112102 20170131112104

病気じゃないかも!医者に行って、知りましょう

女性の場合、生理中や前後に、お腹を下す方がいます。書物には、子宮内膜症の恐れなど、病気を疑問視する記載があります。しかし、それが全てじゃない。私のように、子宮の位置により、圧迫する、生まれながらの機能的問題もあるんです。


20年以上前、婦活、健やかに生活し、冷え性などの体質改善し、正しい生理周期にするリズムを作りました。将来に備え、

その時、生理前後に腹を下す原因を突き止めたら、、子宮後屈と言って、皆様より奥側に位置し、コンパクトサイズのため、ジャストな位置で、上から大腸を圧迫し、腰痛が酷く、腹を下すとわかりました

つまり、妊活前に、不妊気味であり、妊娠しにくい構造だと言われていたんです。案の定でしたが、ハナから理解していたので、落ち込みはなく、今に至ります。

診断書にも記載できるので、長く勤務する企業には、上司や人事部に話をし、業務が慣れた頃から、生理休暇を堂々取得

悪用する女性が多い中、診断書もあり、定期的につき、周囲の理解もすんなり、軽い月に、未取得だと、早退しろ、大丈夫か?と、心配される始末。今回は軽いと話しても、我慢するな、、帰宅して、休んでました

周期が一定につき、数日前から痛み止め、3日目から、動けるように。お若い女性だと、婦人科が、恥ずかしいと申しますが、いざ妊娠!で発覚より、自分の体の事。かかりつけの婦人科をもち、自分の体を知りましょう


私の場合は、更年期に備え、太りすぎない、52キロを超えると、言われます。体を温める。ホカロンの貼る位置など、健やかに過ごせるように、今でも通ってます

今月は痛い!ハンパない
寝て、嵐の過ぎ去りを
待ちます。

{57273475-C0BB-490D-AC15-D7A659782556}


広告を非表示にする
このサイトの記事、画像、映像、全の著作権関連は、きせんひろみ事務所に続します。二次的改変、無断転載を固く禁じます。場合により、法的措置を講ずる場合があります。予めご了承願います