読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
20170131112103 20170131112102 20170131112104

富田真由さん事件〜私は許しません。弊社業務にも影響をきたしてます

富田真由さんのお誕生日。おめでとう。ファンの皆さんは、言うに言えず、回復を願う祈りのコメントが多々でした


富田真由さん事件、Twitterを見ると、みんな心を痛めてます。わたしのかつての職場。情けない。いつから、ズサンになったのか、



わたくしが在籍していた頃、ライブイベントの際には、警察や管理組合、近隣店舗に一声かけ、社長以下、スタッフ一丸となって、完全管理、ストーカー対策、万が一を備え、迅速にできるよう、綿密に対策していました



社長の方針で、小金井の地域力、魅力を発信し、店の認知度を高めよう。わたくしは情報収集、SNS、ブログから分析、密に出演者とコンタクトを取り、チラシを駅頭手巻き、フリーの若い女性には、マネージャー的存在を買ってでました。

社長は快諾し、ともかく安全に成功させよう、それだけしかありません。ラジオ局も、その姿を見て、告知、ゲスト出演、協力し、チームとして励んでました。
 

私は、警察や消防に、お願いにあがり、時には、駅前の巡回強化、同じビルテナントさんに、ご挨拶をしてました。



疲れましたよ。でも、業界の裏を知る社長が船長となり、盗もう、学ぼうと、心身不調に追い込みながら、必死で守った場所です。


辞めて3年,。主催者の安全管理義務が怠慢、周囲への協力のなさ。何やってんだよ。情けなく悲しくなりました。もう無関係、でも、過去に在籍していたのはキャリアの事実。消せない


私自身、今回の事件により、減収、縮小、商談白紙と迷惑を被ってます


せめて、イベント主催者を明確にし、マスコミにプレスリリース、店側の関与の有無。謝罪。正式な記者会見。関係各位、全てに謝罪。

 
随時、代理人と相談し、状況説明。ファンの期待に精一杯の誠意を見せるべきじゃないですか?彼女からの手紙でも良いでしょう
 

そして、誰よりも笑顔を心がけてますが、やり場のない、矛先の怒りと悲しみに包まれ、医療費の負担にあえぐ、ご家族に、きちんと、私人として門前払いでも、足繁く通い、話し合いができるよう、雪溶けを作る努力が必須。


これは、イベント責任者の責務でしょう


また、加害者の家族のケアーも必須です。最悪のケースとして、生活ができない、仕事にならないといった事も。家族は加害者ではありません

一部報道によると、心の病だったとか、地域、ケースワーカーデイケアー、医師、家族。チームで生活できるようにしないと

統合失調症だって、、
障害者差別禁止法
違法と捉えられる発言を
SNSでする、言語道断です



話はそれましたが、事前リサーチにより、小金井の地域力で守れた事です。迂回ルートや時間帯をずらして、入時間調整。インターネットラジオ局があるんですから、かんこう令を敷き、別場所から中継でライブ。ファンサービスの時間に会場入りさせる



小金井警察に、主催責任者から申し入れ、南口交番へ巡回強化依頼、場合によっては、消防団に警護を願い、商店に駆けこめるよう、協力を仰ぐ、小金井ならできます。普段から、ラジオ局の取材者に協力を仰げば


緊急です。私に言ってくれてもOKでした。市民として、協力はおしみません。何はともあれ、お世話になったんですから


そうなの!小金井は、いざとなった団結力。統率者がいれば、マンパワーがどこよりも強い地域なの、義理人情に厚いの!


小金井小次郎、草葉の陰から泣いてるよ。俺の街で何てことをしてくれたんだ!と


あたし、許してないからね。公式な謝罪も経過も。プレス発表なくうやむやで閉鎖的にして。風化を待ってるでしょ、きたねぇじゃん。やり方が。誠意が感じられないよ


一昨日か、ビビったよ、事件後、3日で営業再開?再発防止策の発表もない。事件イベントは継続


富田真由さんの意思なら良いんじゃない?素晴らしいよ、帰る場所を守ってるって。発表ないから知らないし。営利目的で開催なら、店の営業方針疑うよ


ファンはどう感じる?自己利益の前に。これから刑事裁判が開始になるんだよ。もし、民事が示談金で解決なら、それを謝罪と共に発表しなきゃ

誰か、進言しないの?イベント責任者に。店に迷惑かけてるんだぞ。


最後に、未だ私に余波、商談はこの件で白紙、芸名変更をし、人格とキャリアを否定された様に感じ。ショックです。しかし、会社代表。仕事てイメージのため、受け入れるしかありません。


弊社的にも減収。事実、勤務していたので、仕方なし。受け止め、不足分はアルバイトで補てん、または、倒産させ、しばらくは、縮小して事業継続しようと決意せざるをえない。


火の粉が飛んできました。でも、ファンの皆さんや、仲間の皆さんの悲痛な声を見聞きし、痛いです。それに比べれば、軽微だ。そう、思ってます。


私の事は、すでに、前職場に督促を入れ、パソコン、アメーバー経由、両方から関係者にメール申し入れ、内容証明から、代理人の意見を参考に、然るべき手段を取る予定です。



誠意ある発進と言動を求めます。切にね



平成28年10月14日
きせんひろみ

広告を非表示にする
このサイトの記事、画像、映像、全の著作権関連は、きせんひろみ事務所に続します。二次的改変、無断転載を固く禁じます。場合により、法的措置を講ずる場合があります。予めご了承願います