20170131112103 20170131112102 20170131112104

複雑な胸中→怒り以外ありません

守秘義務につき、詳細は控えますが、扉の前に
立ち、ポロポロ泣きました。命を繋いだ場所は同じ。ゴメンなさいと。握りしめたスマホを床に叩きつけたくなりました。主催者の近況を見て


アーティスト活動。どこで、いつでも可能な状態。写真や文字で報告や告知。
傷を負わせた方に配慮し、謙虚な姿勢はない。


やるべき責任、それも、多数の方に目が止まるようにしたのなら、真摯に受け止めていると、第三者視点からも納得できますが…


同じじゃん。蒸し返された想いです。彼女の容態安定まで、スタッフ、医師、必死の見守り。勤務の姿、私も命を委ねました。夜勤の疲れに負けず職務を全う。その姿に励まされました。


転院先で、周囲の力添えにより、心身前向きなってますよう願ってます

湧き上がるのは怒りと、利己主義の非常識。家族、周囲は本人以上の慟哭かと。兆しが見えますように。
{91ED1BA4-E9F1-453E-B8DB-40E7157F747D}

平成28年11月11日
氣仙ひろみ


広告を非表示にする
このサイトの記事、画像、映像、全の著作権関連は、きせんひろみ事務所に続します。二次的改変、無断転載を固く禁じます。場合により、法的措置を講ずる場合があります。予めご了承願います