20170131112103 20170131112102 20170131112104

歌える歌・歌えない歌


チャンス逃す きみの夢、
奪われるのが 嫌さに与えない心
死ぬのを 恐れて
生きることが 出来ない

長い夜 ただひとり、
遠い道 ただひとり、
愛なんて 来やしない
そう 思う時には、

思い出してごらん 冬
雪に 埋もれていても、
種子は春 お日様の愛で 
花ひらく

役者、アナウンサーなど
「言葉」を強く意識して
仕事をしていたせいか

歌詞の内容を「朗読して」
そこから「メロディー」に載せる
時代背景、宗教思想、自分で翻訳
様々な視野から見つめ
歌っていると

ある時「自分の言葉のように」
ストンと落ちる瞬間がある歌と

フィルター越しに「ミルキーなモヤ」が
かかり「全く身に染みない」歌があり

「染みない歌は」
積極的に歌う機会が少なく

なっていきます

また
「分かる瞬間がある」時に歌いたいと
先延ばしにする歌もある
んですが
これが、そんな曲

ここ数ヶ月で
ストンと落ちました
茶の間で歌いたい曲です

ただね...
亭主さとしの「嘘」の後
どうやって繋ごうか
演出で悩みます

今宵は「晴美様」で癒されました

広告を非表示にする
このサイトの記事、画像、映像、全の著作権関連は、きせんひろみ事務所に続します。二次的改変、無断転載を固く禁じます。場合により、法的措置を講ずる場合があります。予めご了承願います